メルカリから副業を始めて成功した物販ビジネス

【初心者向け】無在庫転売とは?基本的なやり方と方法を解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
香川在住26歳。低学歴がメルカリガチったらいつのまにかショップオーナーに。鬼ブラックからの脱却を成功した経験から、ストレスから解放される生き方について強く発信しています/ECサイト最高月収140万円/アフィリエイト最高月収23万円/メルマガは1300人以上が購読中!
詳しいプロフィールはこちら

 

ー無在庫転売に興味を持っている方の悩みー

無在庫転売はリスクも少なくて初心者向けの物販だと聞いて興味があるけど本当は稼げるのかな?基本的な仕組みや手法を詳しく知りたい。

 

この記事では、無在庫転売の基本的な仕組みと手法を初心者向けにわかりやすく解説していきます。

 

「無在庫転売でこれから稼ぎたい、、」と考えている方はぜひ参考にしくてださい。

 


当ブログ(NIKAIDO.BLOG)でこの記事を書いている二階堂(@nikaidonet)は、無在庫転売で稼げるショップも複数運営しており、その経験からネットショップアドバイザーとしても活動しています。

 

以下の記事では、私が提供するネットショップを活用した無在庫転売の商法を公開しています。

icon-angle-double-rightネットショップを無在庫販売で始めませんか?【無料メール講座】

 

 

そもそも無在庫転売の仕組みを知っていますか?

無在庫転売とは、手元に商品がない状態で販売を行う手法を指します。

 

販売者(1)であるあなたが、仕入先(4)で出品されている商品をメルカリやヤフオク等のプラットフォーム(3)に出品し、そこで購入してくれた購入者(2)へ販売者(1)のあなたではなく、仕入先(4)が直接発送する仕組みとなります。

 

つまり、出品している商品を手元にはストックせずに、売れたタイミングで仕入先に直接発送してもらう、とても手間のかからない販売方法なのです。

 

店舗で「この商品はお取り寄せになります。」と言われることがありますが、無在庫販売をあまり理解できていない間は、基本的にこれと同じだと解釈していただいても問題ありません。

 

 

無在庫転売の利益はこんな感じです

利益の計算方法は、販売価格(売上)から仕入れ値、送料、手数料を差し引いた金額となります。

 

商品を仕入れるための費用は当然発生しますが、それ以外にも、仕入先から購入者へ発送する際の送料も基本的には販売者の負担となります。

 

メルカリやヤフオクを利用して商品を販売した場合、そのプラットフォームに応じて数%の手数料が発生することも想定しておかなければいけません。

 

送料で赤字になりやすい

無在庫転売を始めたばかりの人で、送料を頭に入れていなくて赤字になってしまうといったケースが頻繁に発生しています。

 

仕入先に掲載されている商品価格はあくまでも商品代金のみの記載が基本ですので、送料について記載されている部分を事前にしっかりとチェックするようにしましょう。

 

 

 

まずは無在庫転売のメリットを理解しましょう

初心者にも人気がある無在庫転売のメリットは以下の通りです。

 

在庫を抱える必要がない

赤字のリスクがない

商品リサーチに悩まされることがない

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

 

在庫を抱える必要がない

どれだけ商品を販売しても、在庫を自宅もしくは倉庫等に保管する必要がありません。

 

パソコン1台あれば場所を選ばずにどこでも作業することができるため、日常生活の中の一部として取り入れやすいという最大のメリットがあります。

 

検品も任せられる

販売する商品を自分で確かめることができないから不安と言う方もいますが、後ほど紹介するような無在庫転売を許可している仕入れ業者は、検品もしっかりと行ってくれるので安心してください。

 

「ワンルームで部屋が狭い」「家族がいるから物を増やせない」このような方にはぜひおすすめです。

 

 

赤字のリスクがない

商品が売れてから仕入れるということは、赤字リスクの心配がないということです。

 

これから副業を始めることに自信のない方であっても、赤字リスクがないのであれば気軽に始めることができるでしょう。

 

有在庫販売も売れる商品を仕入れることで赤字のリスクが回避されるのでは?と思われるかもしれません。ただ、始めたばかりの頃から、売れる商品だけを見極めて仕入れることは想像以上に難しいことなのです。

 

リサーチの目を養いましょう

売れなくても、ただ商品を掲載しているだけで損することは一切ありません。

 

まずは赤字リスクのない無在庫転売で、売れる商品と売れない商品を見極める目を養いましょう。

 

 

商品リサーチに悩まされることがない

先述した赤字リスクがない理由と同様に、売れなければ仕入れないので、商品リサーチに慎重になる必要はありません。

 

売れる商品を一つ一つ丁寧にリサーチするよりも、時間が許す限りとにかく多くの商品を出品していく方が圧倒的に効率が良いです。

 

そもそも売れる商品だけをしっかりと見極めてリサーチする理由は、仕入れた商品が売れずに不良在庫になるリスクを減らすためであり、仕入れの必要がない無在庫転売に関しては、この理由が当てはまりません。

 

利益が取れる販売価格が現実的な価格になりそうならとにかく出品してしまいましょう。

 

商品を露出することにも繋がる

メルカリ、ヤフオク等のプラットフォームを利用して出品する場合、出品している商品種類が多ければ多いほど、検索にヒットする可能性も高まり、結果的に露出が増え売れやすくもなります。

 

商品のリサーチを気にするよりも先に、商品数をいくらでも増やせるメリットを活かし、膨大な出品数を確保することを優先するようにしましょう。

 

 

知っておきたい無在庫転売のデメリット【知らないと怖い】

無在庫転売を始めるにあたり、デメリットもしっかりと理解しておく必要があります。

 

デメリットは主に以下の通りです。

出品作業に時間がかかる

有在庫販売に比べると利益が薄い

価格競争が激化しやすい

利用規約に違反するリスクがある

必ず理解しておきたい項目なので、メリット同様にこちらもそれぞれについて見ていきましょう。

 

 

有在庫販売に比べると利益が薄い

有在庫で販売していくよりも、確実に利益率は悪く、結果的に1商品あたりの利益は薄くなります。

 

これは仕方のないことであり、売れたら仕入れるというシステム上、一度に商品を仕入れる個数は1点が基本ですよね。

 

複数個から仕入れることで割引もしてくれますし、何よりまとめて発送した方が圧倒的に1個あたりの送料は安くなります。

 

仮に1000円の商品を仕入れる場合、有在庫と無在庫では以下のような差が生まれます。

有在庫の場合

950円(仕入れ価格)×50個(ロット数)+0円(送料)=47500円

1個あたり950円

無在庫の場合

1000円(仕入れ価格)×1個(ロット数)+800円(送料)=1800円

1個あたり1800円

国内の卸問屋から商品を仕入れる場合、一度に複数個仕入れることで割引が適用され、仕入れ合計が数万円を超えると送料が無料になることが一般的です。

 

一方で無在庫だと、1商品のみをわざわざ発送する手間もあり商品の割引や送料の割引が適用されることはほとんどありません。

 

この時点で850円の差が生まれ、自身で発送を行う送料を合わせても、せいぜい500円程度なので、500円近くの価格差は生まれることは間違いないでしょう。

 

利益は薄いけど利益は出せる

ただ、利益は薄いと言っても、実践するハードルは低いですし、何もやらないよりも利益を出して稼げること自体、素晴らしいことです。

 

物販そのものに慣れた頃に大きな利益を出すために有在庫に挑戦することもできます。また、複数のプラットフォームに展開して利益の薄さを販売個数でカバーする戦略も十分に通用します。

 

 

価格競争が激化しやすい

参入ハードルが低いビジネスは、必ず多くの方が実践するので価格競争が激化しやすいデメリットは避けられません。

 

数週間前までは1個あたり1000円の利益が出せていた商品が、500円の利益も出せなくなってしまった、、なんてことは当たり前の話です。

 

100円でも利益が出せるのなら利益率や効率は度外視で出品する方も大勢いますので、2000円で販売している商品がある日突然1000円で販売されていることもあるでしょう。

 

商品の数でカバーするしかない

ただ、ここまでお話してきた通り、仕入先の数だけ出品できる商品が存在しているわけですから、次々に新しい商品を出品して数でカバーすることができます。

 

仕入先に新しい商品が掲載されていないかをこまめにチェックし、いち早く商品を登録してください。

 

また、卸業者には、法人もしくは売上のあるショップを持っている人だけ登録できるような審査の厳しいところも存在しています。このような卸業者を利用できるようになれば、ライバルの数はかなり減り、価格競争に巻き込まれる可能性も減らすことができるでしょう。

 

 

利用規約に違反するリスクがある

在庫が手元にない商品を販売する行為を禁止しているプラットフォームは多数あり、メルカリなどのフリマアプリは全て、この販売方法を禁止する旨を利用規約に記載されています。

 

商品が売れた際に現物を用意することが出来なかった、写真のイメージと全く異なる、と言ったようなトラブルを避けるために禁止されているのだと考えられます。

 

違反者にはかなり厳しい

利用規約に禁止されている項目の中でも、それほど規制は行なっていないような緩い規約がある一方で、偽ブランドを販売するような法に触れる完全アウトな行為は一発でアカウント停止となる厳しいものまであります。当然ですね。

 

では、在庫が手元にない商品を販売することに対する利用規約違反は、どのくらいの厳しさなのかというと、最悪アカウント停止になるかなり厳しい規制が行われています。

 

無在庫転売の種類として、無在庫が禁止されていないプラットフォームは後ほど紹介しますが、一般的に多くの方が利用している中で無在庫販売が禁止されているプラットフォームは以下の通りです。

 

メルカリ

ラクマ

paypayフリマ

この中でも特にメルカリは、手元に商品がない状態での出品には厳しく規制を行なっています。

 

 

無在庫転売の種類は一般的にこれだけあります【手法紹介】

無在庫転売が規約上で禁止されていないプラットフォームは以下の通りです。

 

ヤフオク

ネットショップ

Amazon

BUYMA

 

それぞれのプラットフォーム毎にどのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

 

ヤフオク

ヤフオクは基本的に規制はそれほど厳しくはありません。

 

無在庫で販売している出品者を主にヤフオクで見つけてひたすら出品していくことが基本的な戦術です。

 

出品した順番で上位表示される仕様ではないため、より多く商品を露出するために「商品の量」と「複数のカテゴリ」これらを意識して出品していきましょう。

 

常識の範囲内なら特に心配ない

評価が0に近い状態だと、一般的に100商品以上を短期間で出品するとアカウント制限のリスクが高まると言われています。

 

ただ、仕事や家事の合間で出品をしていくことを考えると、リサーチ含めて1日に3、4個の出品が限界でしょうから、ポツポツ売れながらの出品だとあまり気にする必要なないでしょう。

 

ヤフオクリサーチの基本

ヤフオクに限らず、売れる商品は同じプラットフォームで売れている商品を参考にするのが簡単かつ効率的です。

 

ヤフオクで売れている出品者を探す基礎的な手法として、

(1)狙っているカテゴリーで検索する

(2)上位表示されている商品から出品者情報を確認する

(3)その名から評価数の多い出品者に絞る

(4)状況から無在庫の出品かどうか見極める

(4)の状況から無在庫の出品者かどうかを見極めるためには、「商品画像の背景が真っ白」「出品商品が全て新品」「即決価格で出品されている」この3つの条件が揃っている場合は、無在庫出品者の可能性が高くなります。

 

多くの仕入れサイトに登録する必要がある

仕入れサイトの種類については後術しますが、せっかく売れている出品者を見つけても、どこの仕入れサイトから出品しているのかわからなければ意味がありません。

 

無在庫転売を許可している仕入れサイトは国内にそれほど多くはありませんから、手当たり次第に登録しておくことでスムーズに売れている出品者と同じ商品を探すことができます。

 

 

ネットショップ

2020年現在でほとんど用いられていませんが、ネットショップで無在庫転売を行うという手法があります。

 

ネットショップでは自身の商品のみを販売するため、ライバルとの価格競争が起きないという最大の利点があります。

 

一方で、購入者を自身で集める必要があり、集客力が非常に低いデメリットも理解しておかなければいけません。

 

集客さえできれば最強です

集客の方法として、無料でネットショップを開設できるBASEのショッピングアプリへの掲載や、SNSを活用した集客方法など、当時のネットショップ集客のイメージよりは簡単な時代となっています。

 

私が公開しているネットショップ無在庫転売の手法でも集客の方法もしっかりと紹介しており、かなり好評です。

 

以下より無料メール講座に参加することで、完全無料で20日間のメール講座を受講できます。興味のある方はぜひご参加ください。

 

icon-angle-double-right無料でネットショップ無在庫のメール講座に参加する

 

 

Amazon

米Amazon(amazon.com)にしか出品されていない商品を国内のAmazon(amazon.co.jp)に出品する手法がAmazon無在庫として有名ですね。

 

ただ、Amazonは在庫切れや発送の遅延等、購入者にマイナスになることには非常に厳しく、アカウント制限のリスクは常に避けられません。

 

個人的にAmazonの無在庫転売は、出品者が1つの商品ページに出品する仕様などから、個人的にはあまりおすすめすることはできません。

 

Amazon輸出は稼いでいる人もいます

私自身は実践した経験はありませんが、国内のAmazonで出品されている商品を米Amazonに出品する、いわゆる輸出という方法で稼いでいる出品者はそれなりにいるようです。

 

Amazon無在庫輸出に関しての手法は、icon-angle-double-rightココナラというサイトで手法を学ぶことができます。

 

 

BUYMA

聞きなれない方も多いBUYMAとは、楽天やAmazonなどと同じ通販サイトの1つです。

 

このBUYMAでも無在庫転売が可能であり、手法を紹介している教材が30万円で売られている時期もありました。

 

BUYMAで稼げる理由は?

「どうやって稼ぐの?」「BUYMAの具体的な手法は?」と気になりますよね。

 

BUYMAで稼げる理由としては、『BUYMAで扱う海外ブランドは、日本で買うより海外で買った方が安いから』です。

 

海外製のブランドであれば、日本の代理店が販売するよりも直接海外で購入する方が、代理店の手数料が上乗せされていない分安くなります。

 

また、日本人はお金持ちという印象が高いため、価格設定も高くなってしまうのです。

 

海外旅行に行って、ブランド品が安く買えるのはこれらの理由があり、海外から安く仕入れて、自分の利益を上乗せして、国内で販売する。たったこれだけの手法です。

 

海外といってもこんなことは必要ありません

外国語を覚える必要はありません

無在庫販売なので在庫を抱える必要はありません

方法を網羅しているから手法に悩むことはありません

 

必要なものもすぐに揃えられます

PCまたはスマホ(タブレット可)

ネット接続環境(GoogleChrome推奨)

クレジットカード

あなた名義の銀行口座

 

 月5万円稼ぐための手法はこちら

BUYMAで現実的に月5万円を稼ぐためにそれなりの手順があります。ここで紹介するとかなり長くなってしまうので、スキルを出品するためのサイトicon-angle-double-rightココナラに掲載しました。

 

BUYMA(バイマ)副業で稼ぐ全情報を教えます BUYMAで稼ぐための手順を丁寧に解説
興味のある方はぜひご活用ください。

 

 

無在庫転売の仕入先に特に決まりはありません

基本的に以下の条件が揃っていれば、仕入れサイトはどこでも良く特に決まりはありません。

 

無在庫転売が許可されている

1点からの発送に対応している

送料を抑えることができる(メール便対応等)

納品書の同封を拒否できる

上記4点は仕入れサイトを選ぶ上で必ず必要な条件です。

 

特に納品書が入っていると、購入者に仕入れ原価を知られてしまうことになるので、必ず外してもらう必要があります。

 

仕入れサイトに「納品者の同封に関して」のように記載されていることはなく、実際に仕入れを行なってみたいと判断はできません。

 

 

この仕入れサイトは間違いありません

以下の記事では、私(@nikaidonet)が実際に利用したことのある仕入れサイトを紹介しています。

icon-angle-double-right無在庫転売が可能な仕入れ先7選【稼ぐためのコツも紹介】

 

無在庫転売を実践したいのであれば、紹介している仕入れサイトは最低限全て登録するようにしましょう。

 

 

無在庫転売はリサーチよりも数が重要です

売れる商品を必死に探して利益を予想して仕入れる通常の物販とは異なり、売れなければ仕入れる必要がないという利点から、どれだけ出品しても損をすることはありません。

 

むしろ出品数を増やせば増やすだけ、自分のアカウントの露出が増え結果的に購入されやすい環境となります。

 

 

基本は出品作業の繰り返しです

リサーチをするよりも出品数を増やすべきなので、無在庫転売における毎日の作業は基本的に出品作業です。

 

出品作業がめんどくさくて続かない方には向いていない手法とも言えます。ただ、販売するプラットフォームによっては、商品の出品を効率化するようなツールも充実しています。

 

はじめにまとまった仕入れ資金が必要ない分、ツールの利用料などに費用をかけて効率良く無在庫転売を進めていきましょう。

 

真似するだけで誰でもできる手法を紹介しています

いざ始めようと思っても、何から手をつけたらいいのかわからない、、こんな質問をよくいただきます。

 

そこで、こちらのicon-angle-double-right売れないと評判のトップセラーで確実に稼ぐ方法!【初公開】で紹介している手順通りに進めていただければ形は作ることができます。手法も少し変わった面白い内容になっているのでぜひご参考ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
香川在住26歳。低学歴がメルカリガチったらいつのまにかショップオーナーに。鬼ブラックからの脱却を成功した経験から、ストレスから解放される生き方について強く発信しています/ECサイト最高月収140万円/アフィリエイト最高月収23万円/メルマガは1300人以上が購読中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NIKAIDO.BLOG , 2020 All Rights Reserved.