メルカリから副業を始めて成功した物販ビジネス

BASE Mag【ベイスマグ】掲載されるには?正しい書き方

2018/07/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
二階堂(NIKAIDO)
建設業時代にメルカリを副業で始めて月収30万円を稼ぐ。 その後会社を退職して本格的に中国輸入ビジネスで月収200万円を突破! 現在では独自のツールを利用して中国輸入で稼げる人材を多数排出中。
詳しいプロフィールはこちら

まずはBASEでネットショップの開設

BASEMag,を利用するには無料でネットショップを作成できるBASEでネットショップを開設する必要があります。

BASEの始め方と管理

nikaidonet.hateblo.jp

無料でネットショップ開設はこちらから

無料ネットショップ開業「BASE」

BASE Mag,無料でブログを書いて集客

BASE MagとはBASEショップオーナー達が書いた記事を紹介しているショッピングメディアです。BASEで開店しているショップだけが対象のメディアで尚且つBASEの審査に通った記事だけが紹介されます。

そのため毎日の新着記事が少なく、一度BASE Magで記事が取り上げられると一瞬だけではなく一定期間のショップへの流入が見込めるようになります。

BASE Mag,

thebase.in

BASE Mag,記事の申請まで

それでは実際にBASE Magで自分のショップを紹介していきましょう。しかし、BASEでは無料でブログを書けることは知っていてもBASE Mag用のブログを書く方法を知らない場合が結構あるようです。

f:id:nikaidonet:20171103003359p:plain

まずBASEショップの管理ページ

画像の赤く囲ってある「Apps」をクリック

f:id:nikaidonet:20171103003619p:plain

Appsサービスの1つであるBlogをクリック

f:id:nikaidonet:20171112223908p:plain

記事作成をクリック

※初めてブログを使用する場合はこのページの前に「インストール」のボタンが出てきます。BASEの管理ページへのインストールなのでPCにインストールされるものではありません。

f:id:nikaidonet:20171112224108p:plain

記事作成のページが開きますがこのまま書いてもBASEMag,へは投稿されずに自身のBASEショップだけに投稿されます。BASEMag,へ投稿するには赤枠の「こちら」をクリックしてください。

f:id:nikaidonet:20171112224352p:plain

Mag,記事作成のページで文章と写真を交えながら記事を書いてください。

f:id:nikaidonet:20171112224536p:plain

記事作成最下部にある「ショップのBlogにも掲載する」にチェックを入れてください。

BASEMag用に書いている記事ですがこちらにチェックを入れておくと自動的にショップブログにも掲載されます。ショップブログは審査がないので必ず掲載されます。

また、小技になりますがショップブログへ一緒に掲載しておくことでBASEMagの審査に万が一落ちていまった場合でもショップブログからコピーが可能です。審査に落ちても修正して再審査は行えず新規で記事を書く必要があるため、もしもの時に役立ちます。

スマホでBASE Magへ投稿

BASE Magへ記事を申請するまでの手順を紹介しましたがBASE Mag用の記事作成はPCからしか行えません。ですが外出先でどうしてもスマホで記事が書きたい場合はメモアプリなどに書いて後からPCで仕上げましょう。

BASE Mag審査基準は曖昧

ショップブログは誰でも簡単に書くことができますが、BASE Magで記事を掲載してもらうためには審査が必要となります。では審査通過の判断基準はどうなっているのでしょうか?

こちらのBASE公式でBASE Magの審査について記載されています。

f:id:nikaidonet:20171112230932p:plain

詳しい審査内容は記載されておらず、「弊社担当者にて審査を行う」のみ記載されております。万が一BASE Mag掲載の審査に落ちてもBASEブログは審査がないためこちらへは必ず掲載されます。

しかし一度書いた記事を修正してBASE Magへ再申請することは出来ないようになっています。そのためせっかく書いた記事が審査に落ちることはなるべく避けて行かなくてはいけません。

実際に記事を書いてみて

私はBASEで2つのショップを運営しています。1つのショップは新商品の度にBASEMagへ投稿しているのですが、審査に落ちたことが一度もありません。

しかし、以前に検証のために開設したショップでは残念ながら3記事程落ちてしまいました。

このように実際にBASEMagへの投稿を何度も行っていくなかで落ちる要因と審査に通過するためのポイントを理解することが出来ました。

せっかく書いた記事が審査に落ちる要因

BASE公式では公表されていませんが私なりに落ちる要因をまとめました。

オリジナルの画像ではない

落ちた記事の3記事全てに無料で商用利用可能な写真に商品を合成した写真をアイキャッチに設定していました。そこでBASEへ落ちた原因について問い合わせると以下のような返信がありました。

f:id:nikaidonet:20171112154847p:plain

申請していただいた記事についてですが、下記掲載ポリシーの
「無断転載をしないこと」に、
該当していると見受けられます。(以下抜粋)

> また、自社で撮影した画像ではなく、他サイトから引用した画像を記事内に使用した場合、BASE Mag.内の他記事と重複する恐れがあり、読者にとって有益な記事とはならないため、掲載を見送ることがあります。

まず「無断転載をしないこと」については、商用利用可能なフリー素材を使用したため無断転載には該当しません。しかし、「BASE Mag,内の他記事と重複する恐れがあり、読者にとって有益な記事とはならないため」とのことですのでこちらに該当してしまったようです。

つまり無断転載にならない場合でも不特定多数が利用可能な写真についての利用は認めていないようです。

文字数が極端に少ない

落ちる要因を探るためにわざと文字数が少ない記事で投稿したところ審査に落ちてしまいました。落ちたといっても100文字に満たない文字数だったので当然だと思いますが(笑)500文字を超えれば審査に落ちることはないと思います。

有名ブランド品や高級素材

私がBASEMagに投稿した記事の1つでS925(シルバー)のアクセサリーを取り上げました。もちろん本物のシルバーなのですが、S925だという証明である刻印の写真を載せるのをうっかり忘れていて審査に落ちてしまいました。刻印の写真を載せて再度申請を行うと無事通過したので間違いないと思います。

商品の魅力を伝える記事を書く

BASEMag,の審査に落ちてしまう要因をご紹介しましたがこちらの要因を避けて記事を書くことで審査にはほぼ100%通過すると思います。しかし、商品を売ることが本来の目的ということを忘れないでください。

  check!

  • BASE Mag,は一定期間の流入が見込める
  • 掲載には審査が必要
  • スマホからMagへの投稿はできない
  • オリジナルの写真を使用する
  • 紹介文は500文字以上を目標に
  • ブランドや高級素材の出品は本物の証明が必要
この記事を書いている人 - WRITER -
二階堂(NIKAIDO)
建設業時代にメルカリを副業で始めて月収30万円を稼ぐ。 その後会社を退職して本格的に中国輸入ビジネスで月収200万円を突破! 現在では独自のツールを利用して中国輸入で稼げる人材を多数排出中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NIKAIDO.BLOG , 2017 All Rights Reserved.