メルカリから副業を始めて成功した物販ビジネス

建設業を辞めてネットビジネス【中国輸入】の世界で起業しました

2018/07/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
二階堂(NIKAIDO)
建設業時代にメルカリを副業で始めて月収30万円を稼ぐ。 その後会社を退職して本格的に中国輸入ビジネスで月収200万円を突破! 現在では独自のツールを利用して中国輸入で稼げる人材を多数排出中。
詳しいプロフィールはこちら

 

初めまして。
輸入ビジネスを本業として生計を立てている二階堂と申します。

現在では輸入ビジネスやブログ運営などで月収200万円を稼ぐようになりました。
しかし、当時は普通に建設業の会社員として働いていました。

しかもかなりのブラック、、

そんな毎日仕事だけに追われるつまらない日々を送っていた私が、何故会社を辞めて起業を行い成功することが出来たのか?

自己紹介も交えながら赤裸々にお話しさせていただきますので、ぜひ二階堂はこんな人だと言うことを知ってみてください。

 

卒業後すぐに就職

当時は勉強する意味を自分の中で見つけることが出来ずに進学の道に全く興味がなく、学校を卒業した私はすぐにでも働きたいという気持ちでいっぱいでした。

もちろん周りには反対されましたが、聞く耳を持たずに地元の建設業に就職、卒業と同時に働くことになったのです。

結果的にはこの会社で働く意味を見出せずに数年で退職してしまいます。

しかし、進学しなかったことを後悔しているかと尋ねられると決してそんなことはありません。

これはこれで多くのことを学ぶことができましたし、何よりこの経験がなければ、今こうしてネットビジネスの世界で月収200万円以上を稼ぐことは無理だったのではと思います。

 

 

毎月の休日は最高で4日、少ない時は休みがない0の日もあった

卒業後就職した建設業は週休1日(日曜日)と非常に少ない休日数です。

そんな1日しかない貴重な休日も上司からの一言で当たり前のように出勤となり、拒否権なんてものはなく、ひどい時だと2ヶ月間一度も休みがないこともありました。

さらにはそんな休みが全くない中、朝6時に家を出て20時以降に帰宅。

給料が入っても一切使う暇がなく、いつしか毎日働くだけのつまらない人生を送るようになっていました。

 

早起きが苦手な私がよく数年間も毎朝5時に起きていたものです。

当時の自分を今でも褒めてあげたい笑

 

 

長時間労働でも収入は人並み以下の低収入でした。

ひどい時で2ヶ月間も休みがなく毎日残業の嵐。これだけ働いていれば結構な収入があるように思うかもしれません。普通なら対価に見合ったそれなりの報酬を受け取っているはずでしょう。

しかし、例外もありますがそもそも建設業は労働時間の割に給料が安いのです。そのためこれだけ働いても当時の手取りは、たったの月収20万円程度でした。

 

時給に換算したらいったいいくらだよって話ですよね。

 

 

副業のきっかけとなったのが当時リリースして間もないフリマアプリ「メルカリ」

安月給で働いていた私は少しでも金銭的な余裕が欲しく、副収入を得る方法を何となく探していました。

副収入と言ってもコンビニやスーパーなどでバイトをする時間的な余裕は一切ありませんし、パソコンもほとんど触ったことがなかったので在宅でできる副業も選択肢にはありません。

そんな中、日頃からなんとなく触っていたスマホで、副業のきっかけとなったメルカリの存在を知りました。

フリマ感覚で利用することのできるメルカリはパソコンに全く詳しくなかった私でも大変わかりやすく、自宅にあった不用品の出品を始めることにしたのです。

写真の撮り方や出品の基礎もしらない初心者丸出しの私でも、出品した不用品がみるみる売れていく楽しさに魅了されるのは、あっという間のことでした。

 

 

家中の不用品を売り終えたころには、気付けば20万円以上を売り上げていた!

仕事は肉体労働でパソコンもまともに触ったことがなくても短期間でこれだけの副収入が得られるとは思ってもいませんでした。

毎日必死に働いて貰っていた毎月の給料と殆ど変わらない収入を得たことで自信を持ち「もっと売りたい、稼ぎたい」と言う気持ちが強くなり、この時に得た20万円全ての売り上げを使って国内仕入れサイトから仕入れを行うことにしたのです。

 

・その時必死で探した仕入れサイト40サイト以上はこちらの記事で紹介しています。

icon-angle-double-right 個人でも稼げる仕入れサイト・卸問屋を紹介!!42選【国内・海外】

 

・そしてこちらではメルカリを始める際に必要な準備と相性の良い仕入れサイトを紹介しています。

icon-angle-double-right副業で稼ぐための6つの準備と厳選仕入れサイト6選

 

国内仕入れサイトで月収30万円を突破

不用品の販売だけを行い、誰にも教わることなく物販を始めたため、仕入れた20万円分の商品の一部は当然売れ残りました。

それでも不用品の販売で稼いだ時の気持ちを思い出すと、どうしても成功させたい、、

こうして失敗を重ねながらでもメルカリで物販をしていくうちに、自然と売れる商品のリサーチ方法が身に付き、国内仕入れサイト×メルカリ販売で月収30万円を安定して稼げるようになったのです。

本業の収入を超えたこの辺りから建設業の退職を意識するようになり、睡眠時間を大幅に削って中国輸入について勉強を始めました。

 

 

中国輸入のコツを掴み、建設業を退職。ネットビジネスの世界で月利益100万を突破!!

中国輸入の勉強を本格的に始め、数回の輸入で十分な成果を出して建設業を退職することになりました。

以下が中国輸入を始めて建設業を退職するまでの大まかな流れです。

  • インターネット、本で徹底的に中国輸入について勉強
  • 数回の輸入を独学で行い不良品や詐欺に悩まされる
  • 質の良い商品を仕入れる方法を模索し仕組み作りに成功
  • 順調に売り上げを伸ばしメルカリだけで月収40万円を突破!

 

そして、退職後はメルカリ以外にもAmazonで自社ブランド登録を行いOEM製品を取り扱うようになり、売り上げが右肩上がりに伸びていきます。

この流れのまま、自社ネットショップの運営を開始して退職から約2年で月利益100万円を突破しました。

 

 

全て1人で解決することはできませんでした。

中国輸入は不良品が届くことが非常に多く、最悪の場合は商品自体が届かない詐欺被害に巻き込まれることもあります。

中国輸入は独学が難しいと言われている要因の大部分でもあり、私もいくら試行錯誤しても結局はこの問題を完全に解決することはできませんでした。

そこで私は、副業を始めた頃に知り合っていた方からコンサルを受けることにしたのです。

費用は総額で100万円と相場よりも高い金額でしたが、値段よりも信頼を優先して思い切って分割で支払いました。

しかしそのお陰で、悩んでいた不良品の部分に加えて中国輸入全てにおいて独学で行なっていた頃よりも明らかに質が向上し、一瞬でコンサル費用約100万円をペイすることに成功。

 

月収200万円を超えた今となっては、決して高いものではなかったと感じています。

 

 

建築業時代~副業~起業。今までを振り返って。

今思えば、何の知識もなく誰にも相談せずに不用品で得た売り上げのすべてを仕入れに使ったのは無謀だったかなと思います。

結果的にここまで来ることが出来たから良かったものの、本当にこれから副業を始めて稼ぎたい方や今以上に利益を伸ばすことを困難に感じている方は、1人で悩まずに誰か信頼できる方に相談する方が確実でしょう。

 

長くなりましたが、私がネットビジネスで生計を立てられるようになるまでのお話をさせていただきました。

私のように現在の勤め先を辞めなくても、副収入を確保するだけで心に余裕が生まれます。そして今まで悩むために費やしていた時間を、自分の趣味や更に稼ぐために使うことができ、より豊かな生活を手に入れることができるはずです。

 

 

今の二階堂

ECサイト、Amazonに注力しながら、副業から続けているメルカリでも独自ツールを使用して稼ぎ続けています。Wowma、楽天にも継続して出店中。

また、現在では物販の知識がない初心者でも比較的稼ぎやすい、メルカリと中国輸入を組み合わせたビジネスについて多くの方に指導しています。詳しくはお問い合わせから

さらにこちらのブログも、物販を行なっている方に役立つ情報を発信していくメディアとして2017年から運営を行なっています。おかげさまでいくつかの記事はgoogle検索1位表示を獲得することができました!

 

物販実績

  • ECサイト
  • Amazon
  • メルカリ
  • ヤフオク
  • 楽天
  • Wowma(ワウマ)

 

 

コンサル実績

  • 月収80万円以上=1人
  • 月収50万円以上=2人
  • 月収30万円以上=6人
  • 月収20万円以上=15人以上
  • 月収10万円以上=14人

※現在指導中含む

 

この記事を書いている人 - WRITER -
二階堂(NIKAIDO)
建設業時代にメルカリを副業で始めて月収30万円を稼ぐ。 その後会社を退職して本格的に中国輸入ビジネスで月収200万円を突破! 現在では独自のツールを利用して中国輸入で稼げる人材を多数排出中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NIKAIDO.BLOG , 2017 All Rights Reserved.