メルカリから副業を始めて成功した物販ビジネス

レターパックミニとは?スマートレターとレターパックの違い

2019/11/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
香川在住26歳。低学歴がメルカリガチったらいつのまにかショップオーナーに。鬼ブラックからの脱却を成功した経験から、ストレスから解放される生き方について強く発信しています/ECサイト最高月収140万円/アフィリエイト最高月収23万円/メルマガは1300人以上が購読中!
詳しいプロフィールはこちら

 

ーこんな人におすすめの記事ー

レターパックには、レターパックプラスとライトの2種類の他にレターパックミニがあると聞いたけど、それぞれの違いはなんだろう、、。送る荷物によってどれを選べばいいのか知りたい。

 

レターパックは、自身で梱包資材を用意する必要がなく、自宅にストックしておくことで、急な用事でも荷物をすぐに送ることができる優れものです。

 

一般的に知られている、レターパックライトやレターパックプラスについては、こちらのicon-angle-double-rightレターパックライトとレターパックプラスの送り方【試してみた】で実際に送りながら解説しているのでぜひ参考にしてください。

 

今回は、レターパックミニの別称で呼ばれている、もう一つのレターパック「スマートレター」について、紹介させていただきます。

 

消費税増税後(10%)の料金に更新済み

 

 

スマートレター(レターパックミニ)とは

 

レターパックミニやレターパック180とも呼ばれることがありますが、正式名称はスマートレターです。

 

郵便局もしくは、切手を販売しているコンビニエンスストアにて画像の専用資材を購入することで、この中に荷物を入れて発送することができます。

 

送料は全国一律で180円と、発送地域によって送料が変わることはありません。

 

 

スマートレターの特徴

以下がスマートレターを利用する上で知っておくべき特徴です。

 

・送料全国一律180円

・レターパックの約半分の大きさ

・荷物追跡サービスなし

・お届けはポスト投函

・ポストからの発送可能

・荷物紛失、破損等の保証なし

 

取り扱いサイズ

スマートレターの資材に入り、厚さ2cmまでなら送ることができます。

 

資材そのもののサイズは、25cm×17cm(A5ファイルサイズ)なので、このサイズより少し小さめの荷物なら送ることができるでしょう。

 

 

スマートレター(レターパックミニ)の送り方

まずは画像の資材を購入後、お届け先とご依頼主の欄を記入してください。

 

厚さは2cm以内で制限されているので、本を送るのに丁度良いサイズに感じました。

 

差し出しは窓口かポスト

差し出しは、郵便局の窓口とポスト投函で行うことができます。

 

ポスト投函の際は、厚さが2cmを超えないように十分に注意する必要があり、あまりにも厚さを超えてしまっている場合は、自宅に返送される可能性もあります。

 

届くのは1〜2日程度

発送した荷物は、お届け先の地域によって異なりますが、速達と同じ扱いのため、基本的に1〜2日程度でお届けが完了します。

 

ただ、離島などは3日程度要する場合もありますので、発送は余裕を持って行いましょう。

 

 

スマートレター(レターパックミニ)の注意点

スマートレターを利用する場合、以下の点に注意が必要です。

 

・荷物の追跡サービスがない

・お届けがポストへの投函

・荷物紛失時の保証がない

 

上記の内容を見ると、高価な品物を送ることには向いていないことがわかりますね。

 

追跡番号や保証を必要としている方は、追跡番号、保証のどちらにも対応しているゆうパックがおすすめです。

 

 

 

スマートレターとレターパックの比較と使い分け

以下3つを比較しながら、どう使い分けるべきなのかを見ていきましょう。

 

・レターパックプラス

・レターパックライト

・スマートレター

 

 

レターパックプラス(520円)

 

・送料全国一律520円

・資材に入れば厚さ制限なし

・重さ4kg以内

・荷物追跡サービス有

・お届けは対面での受け渡し

・ポストからの発送可能

・荷物紛失、破損等の保証なし

サイズ:340mm×248mm(A4サイズ)

 

分厚い荷物におすすめ

レターパックプレスには、厚さの制限はなく、封筒に入る範囲内であれば、どれだけ分厚いものでも送ることができます。

 

こちらのicon-angle-double-rightレターパックライトとレターパックプラスの送り方【試してみた】で資材を箱型にしてしまう裏技も公開しているので、気になる方はご参考ください。

 

少し高価な荷物におすすめ

追跡サービスがあり、対面でのお渡しとなっているため、紛失の可能性が非常に低く、少し高価な品物でも安心して送ることができます。

 

ただ、荷物破損や紛失による保証はありませんので、壊れやすいものや極端に高価な物はゆうパックを利用するべきでしょう。

 

 

レターパックライト(370円)

 

・送料全国一律370円

・厚さは3cmまで

・荷物追跡サービス有

・お届けはポスト投函

・ポストからの発送可能

・荷物紛失、破損等の保証なし

サイズ:340mm×248mm(A4サイズ)

 

厚さ3cm以内で追跡が必要な荷物

レターパックライトは、「保証まではいらないけれど、もしもの時に追跡番号が必要」といったように、ビジネス用途で利用されていることが多いです。

 

契約書を結ぶ際に、必要な書類と返送用にレターパックライトをもう一部入れて利用している企業も多く見てきました。

 

緊急時におすすめ

厚さ3cm以内であれば、比較的ちょっとした荷物なら送ることができます。

 

レターパックは、一度購入したものに関してはいつでも利用することができますので、緊急用としてご自宅に数部ストックしているともしもの時に重宝します。

 

 

スマートレター (180円)

 

・送料全国一律180円

・厚さは2cmまで

・荷物追跡サービスなし

・お届けはポスト投函

・ポストからの発送可能

・荷物紛失、破損等の保証なし

サイズ:250mm×170mm(A5ファイルサイズ)

 

書籍や小物の発送におすすめ

厚さが2cmと使い勝手は少々悪いものの、書籍や小物を送るには十分なサイズです。

 

フリマアプリやオークションサイトを利用する方にとっては、利用する価値は十分にあるでしょう。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
香川在住26歳。低学歴がメルカリガチったらいつのまにかショップオーナーに。鬼ブラックからの脱却を成功した経験から、ストレスから解放される生き方について強く発信しています/ECサイト最高月収140万円/アフィリエイト最高月収23万円/メルマガは1300人以上が購読中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NIKAIDO.BLOG , 2017 All Rights Reserved.