メルカリから副業を始めて成功した物販ビジネス

ネットショップを無在庫販売で始めませんか?【無料メール講座】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
香川在住26歳。低学歴がメルカリガチったらいつのまにかショップオーナーに。鬼ブラックからの脱却を成功した経験から、ストレスから解放される生き方について強く発信しています/ECサイト最高月収140万円/アフィリエイト最高月収23万円/メルマガは1300人以上が購読中!
詳しいプロフィールはこちら

 

こんな悩みはありませんか?

ネットショップで稼いで悠々自適な生活を送っている人がいるけど、どうやっているんだろう?稼げるならショップの構築や仕入れの知識、特に集客の方法を学んでみたいな、、

 

ネットショップで稼ぐために身につけるべき知識と手法が、この記事を読むことで明確になります。

ネットショップアドバイザーとして多くの方に指導を行なってきた経験と知識から、「ネットショップ」「中国輸入」「無在庫販売」の3つを組み合わせた、ネットショップ無在庫販売というビジネスモデルを確立しました。

また、自分自身で実践している物販でも最高月収は200万円を超えおり、販売テクニックも熟知しています。

 

ネットショップは無在庫販売で稼げる時代に

これまでネットショップは、有在庫での販売が大前提でしたが、2019年現在では無在庫販売という限りなくリスクの少ない販売方法でも稼ぐことが可能になりました。

インターネットの進歩により、海外からの輸入が個人でも気軽に行えるようになり、またその影響から、代行業者が次々に個人向けの少数ロットでの買い付けに対応し始めたのです。

その結果、低い原価で輸入することでネットショップでも十分な利益を出せるようになりました。

無在庫販売は元々、国内の仕入れサイトから自身のショップに商品を掲載し、売れた時点で国内仕入れサイトから顧客に発送してもらうという、国内だけで完結する仕組みです。

この仕組みでは、商品製造元である海外から国内の仕入れサイトが利益を上乗せして、私たち販売者に提供するものだったため利益を出すには非常に非効率だったというわけです。

いくら代行業者を利用して輸入できるようになったと言っても、そもそも海外の仕入れサイトを利用すること自体が困難に感じるでしょう。

ですが、タオバオやアリババのような直感的に利用できる海外サイトもあり、一度使い方を学べばあっさりと利用できてしまいます。

2019年に入り、ネットショップ無在庫がよりしっかりと確立されてきている今が参入するチャンスでしょう。

 

 

メルカリVSネットショップ無在庫

実践者の多いメルカリでの物販よりも、今すぐにネットショップを学びながら実践するべきだと断言します。

ネット上で物販を実践している人に、どこで販売してますか?と聞くと、多くの方がメルカリと答えるほど、メルカリ物販は大流行しました。

そんなメルカリを利用した物販は、やるべきではないというのが私の正直な意見です。

ただ、メルカリ物販は全く稼げないかと聞かれるとそうではありません。

今でもメルカリを推奨している方もいますし、メルカリの集客力を考えると、物販の入り口としては、おすすめだと思います。

 

メルカリの対策力

ではなぜ、メルカリ物販はやるべきではないのかと言うと、運営元のメルカリ自体が業者の販売を徹底的に排除しているからです。

色々と試行錯誤を繰り返し、メルカリの隙をついて販売していく手法は今でも絶えませんが、それら全ての手法もまた完全にメルカリは阻止してきました。

 

先につなぐことができない

物販をこれから始める方は、今できる手法を用いてメルカリに参入してもいいでしょう。

販売を通して物販というものを体験してください。

ただ、そのままメルカリに残り続けると、今の販売方法は完全に淘汰されてしまいます。

そうなると、今まで積み重ねてきた評価や販売実績などが全て0となり、新たに稼ぐ道を一から探していかなければならなくなります。

ある程度稼げるようになったと思えば、いきなり収入が0になる。この最悪なサイクルをずっと繰り返すのは嫌ですよね?

こうならないためにも、先に繋がる稼ぎ方を常に考える必要があるのです。

一方、自身で管理するネットショップでは、一度売れるようになると、戦略次第ではその後も右肩上がりで伸び続けていきます。

ネットショップで稼ぐには、かなりの技術と費用が必要で個人では到底成功しないと思われがちですが、今の時代はそうではありません。

BASEやstore.jpの誕生により、ネットショップ構築が当時よりも簡単になったこと、また、集客と言えば、SEO対策やネット広告の掲載による上位表示の戦略が主流でした。

しかし現在ではSNSの宣伝が非常に高い効果を出すようになり、またブログでの宣伝も様々な便利なサービスの登場で誰でも実践することができるようになった

 

 

ネットショップは難しいと言われている理由

「ネットショップは難しい」このようなイメージは何が原因で定着してしまったのか?

それには主に3つの原因が考えられます。

これからネットショップを無在庫販売で攻略していくにあたり、デメリットもしっかりと理解しておくことで様々な対策がとれるはずですので解説していきます。

 

1.集客力が非常に弱い

まず、「集客力の弱さ」が最もネットショップ運営の難易度を高めている原因でしょう。

既に多くのユーザーがいて、常に集客に力を入れているメルカリやAmazonに対して、ネットショップの集客力は自分自身のスキルに依存します。

集客を一切しなければ、ショップへのアクセスが1日0なんてこともありますし、逆にそれなりに集客ができれば、何百、何千、何万と増えていきます。

この集客を頑張れる自信がない時点でネットショップの運営、ましてや無在庫販売なんてできないと思うかもしれません。ただ、先ほどお話したように、SNSやブログの効果が高くなっている現代では、専門的なスキルはそれほど要求されなくなってきているのです。

個の力を伸ばす場合、集客=SEOではなく、集客=SNS、ブログだと考えましょう。

 

 

2.販売する商品が見つからない

次に難しいと言われている原因として、販売する商品がないという部分にあります。

メルカリなどであれば、多くの出品者の中に混じって販売していくわけですから、数点のみの出品でも全体で見ている購入者からの違和感はありません。

一方ネットショップでも同様に数点のみを出品した場合、選べる商品のバリエーションも少なく違和感を覚えますし、それだけ商品の宣伝材料が少ないため、ショップへのアクセスも期待できません。

今からあなたが思いつくメジャーなネットショップをいくつか確認してみてください。

数点の商品のみで勝負しているショップはほとんどないはずです。

コラボ商品、限定商品などの場合、専用のランディングページを用意することで、その商品のみの販売を行なっていることもありますが、それは作家やショップのブランド力をうまく利用した話題性で勝負することで成り立っている手法です。

スタンダードな販売手法では、商品の出品点数は非常に重要なポイントとなります。

 

 

3.ショップ構築〜管理の知識が必要

ネットショップを無在庫販売、有在庫販売どちらの場合であっても、自分にはできないと敬遠する理由は学んでいないからです。

学校でネットショップの構築や管理方法を教わる機会があるはずもなく、普通に会社員として働いていても学ぶ機会はありません。

つまり、世の多くの方々がこれまでの人生においてネットショップの構築〜管理までの方法を学んでいないことは当然なことなのです。

学んでいないことをいきなりできるほど人間は器用ではありません。ましてや仕事で忙しい現代社会において、稼げるかどうかわからない不確定なことに時間を割く暇はありませんよね。

ただ、これまで半強制的に取り組んできた勉強や今の仕事も全くの無知識からスタートして個人差はありものの、ある程度はできるようになっているはずです。

それは私が今回紹介しているネットショップ無在庫販売も例外ではありません。

つまり、小手先のノウハウを探すよりも、教わりながら実践することが最も稼げるようになるための近道であり、すでにほとんどの方が経験していることなのです。

 

 

ネットショップを無在庫で始める多くのメリット

ネットショップと無在庫販売を組み合わせには様々なメリットがあります。

ネットショップ参入の壁は年々低くなってきており、それに加えて初心者でも比較的実践しやすい物販モデルである、無在庫販売を組み合わせたことによるメリットをいくつか紹介していきます。

 

 

1.圧倒的な利益率

まず、大前提として今回のネットショップ無在庫販売の仕入先は海外の仕入れサイトからとなるため、国内仕入れとは比べ物にならないくらいの利益率です。

国内の仕入れサイトは、海外仕入れサイトの商品に自社の利益を上乗せして、国内の私たちに向けて販売しています。

そうすると、どうしても仕入れ価格は高くなってしまい、高い利益率は実現できません。

しかし、直接海外サイトから仕入れることによって、価格上乗せ前の圧倒的低価格な単価で仕入れができるというわけです。

実際にNETSEAに出品されているこちらの商品は、〇〇円ですが、海外仕入れサイトから全く同じ商品を探してみると、たったの〇〇円と、差額はなんと〇〇円もあるのです。

海外仕入れサイトを利用するには中国語や英語の知識が必要かと思われがちですが、海外仕入れの代行業者を利用することで、日本語だけで問題なく利用することが可能な上に、個人で仕入れるよりも安心安全に取引が可能となります。

代行業者については、こちらの記事で紹介しているので、参考にしてください。

 

 

2.在庫を抱えるリスクが0

無在庫販売はその名の通り、在庫を抱える必要がありません。売れ残り等の赤字リスクが0になるわけですから、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

無在庫販売は、卸問屋(仕入れサイト)で掲載されている商品を仕入れずして、自身のショップに出品し、売れた段階で顧客に直接発送してもらう仕組みです。

そのため、自宅で商品を持っておく必要も、梱包、発送作業をする必要もありません。

ネットショップで無在庫販売はできるの?という疑問が出るかもしれません。

ですが、メルカリやラクマは無在庫販売が禁止されていますので、むしろ禁止されていないネットショップ向きだと言えるのです。

無在庫が禁止されていないネットショップを利用することで、アカウント停止等の処分に怯える必要がなくなるでしょう。

 

 

3.販売できる商品が実質無限

ネットショップは基本的に商品の登録数は無限です。

そして、無在庫販売も在庫を抱える必要がないわけですから、実質無限に出品が行えます。

商品は出品すればするだけ、ユーザーに露出する機会が増えますので、実質無限に出品できることは非常に魅力的でしょう。

メルカリも出品上限数は記載されていないと思われるかもしれませんが、あまり多くの商品を出品しすぎると、アカウントの制限、最悪の場合はアカウントの永久停止となってしまうのです。

これはラクマ(ストア出店を覗く)やヤフオクも同様であり、個人が数千の出品をすることが考えられにくいことから、スパム判定(悪質な手段)により処分だと考えられています。

個人的な不用品売却ではなく、ビジネスとして実践するのであれば、上限を気にする必要のない、ネットショップ無在庫販売がおすすめと言えるでしょう。

 

 

4.キャッシュフローに優れている

ネットショップ無在庫は、キャッシュフロー(お金の流れ)に非常に優れています。

仕入れにクレジットカードを利用することによって、クレジットカードの請求日までに販売した商品代金を受け取ることができ、その代金でクレジットカードの請求分を支払うことができます。

これが有在庫の販売だと、クレジットカードで仕入れたとしても、確実に売り切れる保証がないわけですから、請求日までに用意できるかどうかわかりません。

売れた代金の受け取りはいつだろうと、思われるかもしれませんが、早くて1週間、どれだけ遅くても1ヶ月以内には受け取れる決済サービスが多いです。

結果的に、商品が売れてから1ヶ月以内には、売上金をご自身の口座に受け取ることができるため、カードの請求日に遅れることはないでしょう。

 

 

5.宣伝するための材料が豊富

出品できる商品が実質無限と言うことは、それだけSNSやブログでショップを宣伝する際の宣伝材料が豊富だということです。

ただショップに商品を出品するだけよりも、SNSやブログを活用して積極的に宣伝するほうが、確実に集客効果は高まります。

実際に、ショップのSEO対策はほとんど行わずに、SNSからの集客に力を入れ、フォロワー2000人を超えた時点で、毎日商品が売れるようになりました。

フォロワーを増やしたり、ブログを書くことは大変な作業だというイメージがありますが、企業などに上位を独占されている中で戦っていく、SEOの方が圧倒的に難しい分野だといえます。

無在庫だからこその圧倒的な宣伝材料を利用して、SEO対策よりも比較的難易度の低い、SNSやブログからの集客に力をいれましょう。

 

 

6.仕事をする場所を選ばない

在庫を抱えず、パソコンさえあればネットショップに接続できるネットショップ無在庫は、働く場所を選びません。

極端な話、パソコン1台さえあれば、カフェでも旅行先でも場所問わず仕事ができてしまいます。

事務所を借りる無駄な経費も必要ありませんし、梱包、発送を行う従業員を雇用する必要もありません。

ネットショップ無在庫というビジネスモデルは、徹底的にコストカットされた無駄のないビジネスモデルだといえます。

 

 

7.多展開が現実的

1つのショップだけにこだわらず、異なるジャンルのネットショップをどんどん展開できるメリットがあります。

ショップを増やせば、それだけ管理の時間は必要になりますが、出品できる商品は無数にあるため、好きなだけネットショップを展開しても、費用はほとんどかかりません。

1つのショップで月の売り上げがある程度出せるようになれば、すぐに次のショップを展開してもいいですし、一度に多くのショップを展開して、その中でも特に売り上げを出せたショップのみに絞る手法なども行えます。

ショップの多展開を行うと、1人では追いつかないほど出品作業が大変になるでしょう。

ただ、その場合は、ランサーズやクラウドワークスといった、クラウドソーシングサイトで出品作業を外注化することで、効率化することができるでしょう。

 

 

ネットショップ無在庫に抱く疑問【解決します】

ネットショップ無在庫を実践するにあたり、ネットショップアドバイザーとして指導を行なった方々から実際にいただいた疑問をいくつか紹介します。

基本的に疑問に感じる部分は、似たような部分ですので、あなたの今の疑問を解決できるはずでしょう。

 

 

1自宅で荷物は受け取らなくていいの?

無在庫なので自宅で商品を受け取る必要はありません。

画像のように取引開始から終了まで自宅を介することがないのです。

ただ、ショップに記載する必要のある「特定商取引法の記載」には、責任者であるあなたの氏名、住所の記載が必要となります。

住所を載せられない事情のある方はバーチャルオフィスを活用しましょう。

住所を借りられるバーチャルオフィスについてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。

 

2.無在庫だとショップに並べる商品画像はどうするの?

仕入れサイトに掲載されている商品画像をそのまま利用します。

モデルを起用した商品画像を利用していることが多く、自身で撮影するよりも、クオリティの高い写真になっていることが基本です。

一部、商品写真の転載禁止の会社はありますが、利用可能なことがほとんどなので、商品画像の心配はありません。

逆に有在庫よりもクオリティの高い写真を使えることが多いです。

 

3仕入れに使いたいカードの上限が10万円です

仕入れ費用として10万円あれば基本的には十分です。

ネットショップ無在庫を始めたばかりの登録商品の少ない段階で、1ヶ月で10万円を超える注文はないでしょう。

登録商品が徐々に増えていき、注文総額が1ヶ月10万円を超える頃にはクレジットカード利用限度額も上がっていますし、何より、限度額を超えた時点でショップの販売を一時休止することも可能です。

また、ショップで得た利益を少しでも残して入れば、万が一限度額を超えた注文が入っても、そこから賄うこともできるでしょう。

資金が少ない、クレジットカード限度額が低い、という場合も悩まずにまずは始めてください。

 

4.SEO?に全く詳しくありません、、

今回、私が推奨している集客方法は、SEOがメインではなく、ネットショップそのもので利用できるサービスやSNS、ブログを活用して集客を行います。

無料でネットショップを作成できるBASEというサービスを利用するのですが、無料とは思えないほどの集客補助サービスがいくつか用意されています。

BASEに関する詳しい詳細は、こちらの記事で紹介しているので、始める前にぜひ参考にしてください。

 

5.稼げるようになったら確定申告は必要なの?

今回のネットショップ無在庫も例外ではなく、通常のビジネス同様に確定申告は必要になります。

学校で教えてもらえることでもないですので、難しい作業と思うかもしれませんが、ネットで検索すると多くの方がわかりやすく解説してくれているので、参考にしてください。

 

6.そもそも無在庫とは誰が発送するの?

無在庫販売で売れた商品は、国内仕入れの場合だと、販売している仕入れサイト、海外輸入だと、代行業者が顧客に直接発送を行なってくれます。

どちらの場合でも、梱包、発送は全て代わりに行なってくれるため、ショップで商品が売れるようになることに注力していれば問題ないでしょう。

ちなみに個人レベルの少数発送とは異なり、仕入れサイトや代行業者は毎日多くの商品を発送していることにより、通常よりもかなり安い送料で発送が可能です。

手間がかからない上に、自身での発送よりも送料が安いことを考えると活用しない手はないですね。

 

 

メール講座でネットショップ無在庫販売の知識をつけよう

この度、ネットショップ無在庫について学ぶことのできる無料メール講座を始めました。

ここまでネットショップ無在庫の魅力を伝えてきましたが、本当に実践者の少ない今だからこそ始めることをおすすめする物販ビジネスです。

とは言っても、何から始めたらいいのかわからない方も大勢いるはずでしょう。

そこで今回始めたメール講座は、完全無料で20日間にも及ぶメールを毎日1人1人にお送りさせていただきます。

毎日のメール全てが、稼ぐために必要な手法やマインドが記載されているかなり内容の濃いものになっています。

正直、有料にしようとも思いました。しかし、誰でも平等にスタートするためには、無料にするべきだと思い、思い切って完全無料としました。

ですので、ぜひ有料級の講座に参加する気持ちで取り組んでみてください。

 

【ネットショッップ無在庫】20日間メール講座

icon-angle-double-right 無料参加はこちらから

 

 

20日間のネットショップ無在庫メール講座【概要】

 

 

ネットショップのプロとして活動しています

現在、私自身も中国輸入を主とした物販ビジネスを実践しながら、ネットショップアドバイザーとして多くの方に指導を行なっています。

そんなネットショップと中国輸入両方の知識を集合させて「ネットショップ無在庫」という新しい物販モデルを確立させました。

ネットショップでの無在庫は難しいという固定概念から、現在では参入者も非常に少なく、モニターで参加してくださった方の多くも徐々に成果を伸ばしているのが現状です。

そんな参入のチャンスをできる限り多くの方に知ってもらいたいという気持ちから20日間にも及ぶ大ボリュームのメール講座を無料でご提供することに致しました。

「話題になった頃には既に多くの実践者で溢れかえっていて、後発組の自分は稼ぐ隙もなかった」

ネットビジネスでは、こんなことの繰り返しではありませんか?

話題になるといういことは、それだけ実践者も多い。これは当然のことです。

せっかく行動力が周りよりも優れているあなたもこんなことの繰り返しでは疲れてしまうでしょう。

正直このネットショップ無在庫は、まだまだ知られていませんし、不特定多数に向けて初めて大々的に公開するのがこの記事なのです。

そしてこの記事を2019年下半期に見つけたあなたはチャンスを掴んだも同然です。

ネットショップ無在庫販売がどれだけ現実的な物販モデルなのか、ぜひ無料メール講座に参加して確かめてみてください。

そして、これから20日間毎日届くメールを見ながら取り組みましょう。

 

【ネットショッップ無在庫】20日間メール講座

icon-angle-double-right 無料参加はこちらから

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
香川在住26歳。低学歴がメルカリガチったらいつのまにかショップオーナーに。鬼ブラックからの脱却を成功した経験から、ストレスから解放される生き方について強く発信しています/ECサイト最高月収140万円/アフィリエイト最高月収23万円/メルマガは1300人以上が購読中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NIKAIDO.BLOG , 2019 All Rights Reserved.