メルカリから副業を始めて成功した物販ビジネス

paypayフリマが登場!稼ぐ準備を始めよう【注意点あり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
二階堂(NIKAIDO)
建設業時代にメルカリを副業で始めて月収30万円を稼ぐ。 その後会社を退職して本格的に中国輸入ビジネスで月収200万円を突破! 現在では独自のツールを利用して中国輸入で稼げる人材を多数排出中。
詳しいプロフィールはこちら

 

フリマアプリとしてpaypayフリマがついにリリースされました。

ここで気になるのはやはり「メルカリ同様に稼ぐことができるのか?」ですよね。

 

リリースから数日ということもあり、ユーザー数も少なく現時点ではっきりと稼げるプラットフォームになるとは断言できません。

ただ、paypayフリマで行われている送料無料キャンペーンや、今後も行われるであろうpaypayならではの大きなキャンペーンを考えると、paypayフリマで稼げるようになる可能性は十分に考えられます。

 

paypayフリマとは

ヤフーが提供するフリマアプリ「paypayフリマ」は、電子決済サービスの「paypay」と連携して利用する仕組みです。

メルカリと操作感が非常に酷似していると噂されており、また「メルカリ」と「メルペイ」同様に、フリマアプリと電子決済サービスを組み合わせている部分も同じ仕様になっています。

 


ここまで酷似していると、今までメルカリを利用した経験があれば、paypayフリマの利用に苦戦することもありません。

 

paypayフリマはこんなフリマアプリ

現在開催しているサービスも含め、paypayフリマは以下のような特徴があります。

 

・paypayの残高からpaypayフリマで購入が可能

・paypayフリマの売り上げ金をpaypayで受け取りが可能

・paypayを利用して購入した場合、1%のポイントが還元

・ヤフオクに出品している一部商品もpaypayフリマに掲載される

・送料は出品者負担で固定

・販売手数料はメルカリと同様の10%

・PCからの操作は現時点では非対応

 

ー期間限定のキャンペーンー

・1000円以上の購入で500円割引のクーポンが利用できる

・送料が全額無料

※2019年10月9日現在

 

利用者数がまだまだ少ないとはいっても、これだけ大きなキャンペーンを開催中であれば、ユーザー増加も時間の問題でしょう。

 

 

paypayフリマで稼ぐ準備を始めよう

さっそく今後のpaypayフリマの成長を予想して、稼ぐための準備を進めていきましょう。

利用までの手順は以下の4ステップです。

 

1アプリをダウンロード

2ヤフーIDを作成

3paypayアカウントを作成

4paypayとpaypayフリマを連携

 

paypayフリマはこちらのicon-angle-double-right公式サイトからアプリをインストールしてください。

※現在はiosにのみ対応しており、Androidへの対応は10月31日の予定

 

電子決済サービスpaypayもアプリから登録が可能です。

こちらのicon-angle-double-right公式サイトより登録しましょう。

 

ヤフーIDは無料でOK

ヤフーIDは、プレミアムではなく、無料のIDを作成するだけで問題ありません。

 

こちらのicon-angle-double-right【Yahoo!メール】スマホアプリでアドレス管理!楽々複数アカウント運用では、無料でヤフーIDを作成する方法を解説しているので、まだヤフーIDを持っていない方は参考にしながら取得してください。

 

仕入れる商品を見つけよう

以下の記事を参考にしながら販売する商品を仕入れるための仕入れサイトを探しましょう。

icon-angle-double-right個人でも稼げる仕入れサイト・卸問屋を紹介!!45選【国内・海外】

icon-angle-double-right暴露!メルカリ物販で月20万稼いだ仕入れサイトを大公開

icon-angle-double-right個人が仕入れサイトの審査をほぼ確実に通過する裏技

 

出品商品を下書きに保存すると便利

フリマアプリの大きなデメリットとして、出品の効率が非常に悪いことが挙げられます。

これは、法人向けのサービスではなく、あくまでもCtoC(個人間取引)を想定しているため仕方のないことでしょう。

 

ただ、少し工夫することでpaypayフリマでも出品作業を大幅に短縮することは可能です。

 

たったの1ステップ

アプリ内の「出品」から普通に商品情報を入力した後、「出品する」の下に表示されている「下書きに保存する」を選択してください。

 

すると、次回から「出品」を押すと「下書きから出品する」が表示されるので、こちらから先ほど保存した下書きを読み込むと自動的に商品情報が入力されます。

 

下書きは使用しても消去されず、そのまま何度も利用することが可能です。

 

 

paypayフリマを利用する注意点

利用規約を確認したところ、以下のような禁止事項が記載されていました。

 

・メーカーなどから直送されるもの、購入後に発注するもの、取り寄せが必要なもの、商品入荷後に購入者に発送するものなど、在庫がない状態での出品と当社が判断するもの

・商品代金が未払いのもの、購入前に在庫確認を求めるもの、購入後に在庫切れたった場合の条件があるなど、商品の現物が手元にないことを示唆するものも含みます

icon-angle-double-right引用元

 

つまり一言で説明すると、「商品が手元にない状態での販売は禁止しますよ」ということです。

当時メルカリで爆発的に流行った、無在庫転売はpaypayフリマでも同様に禁止のようですね。

 

また、「商品入荷後に購入者に発送するものなど」と記載されていることから、店頭引き取りや予約商品などの転売行為も行えません。

 

ヤフーIDは複数作成が認められていますが、paypayとpaypayフリマのアカウントは原則1アカウントのみしか所持できませんので、利用規約に違反しないように利用していきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
二階堂(NIKAIDO)
建設業時代にメルカリを副業で始めて月収30万円を稼ぐ。 その後会社を退職して本格的に中国輸入ビジネスで月収200万円を突破! 現在では独自のツールを利用して中国輸入で稼げる人材を多数排出中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NIKAIDO.BLOG , 2019 All Rights Reserved.